施工実績

小金井市/I様邸
夫婦+ペット

メンテナンスと修繕を繰り返しながら、大切に住み続けていく「終の棲家」

ご要望

お風呂場の段差をなくしたい
トイレやお風呂場が老朽化しているので、水廻りを修繕したい
耐震度を高めて、震災に耐え得る住まいにしたい

リフォームのきっかけと決め手

今から55年ほど前、小金井市内に土地を購入し、初めて家を建てました。増築をしながら住み続け、新しい家に建て直したのが昭和40年代のこと。結局、二軒目の家には20年ほど住みました。そして、元号が昭和から平成に変わった年に二軒目の住まいを取り壊し、小嶋工務店で現在の家を建てました。

小嶋工務店とリフォームコジマの本社は、我が家から歩いていける場所にあります。担当者がこまめに家まで来て下さり、「何か不自由なことはありませんか」と声をかけてくださいました。とても丈夫な住まいで、大きなリフォームをする必要はほとんどなかったので、小さな修繕を何度かお願いしてきました。

大規模なリフォームの必要性を初めて感じたのは、2年ほど前になります。お風呂場の段差が気になって、「高齢の私たちには危険かもしれない」と夫婦で話し合いました。そこで、担当者の方に相談。トイレも含めた水廻りをリフォームすることになりました。

リフォームのこだわり

お風呂場とトイレを一新。水廻りの快適さが一気に向上!

タイル張りのお風呂と旧式のトイレ。現在の家を建ててから20年以上使ってきたので愛着はありましたが、最近はヒヤッとすることが増えてきました。いちばんの心配は、お風呂場の段差。また、冬になるとタイル張りのお風呂は足下が冷たくて、掃除も一苦労でした。トイレの便座も冷たくて、「新しい便座に取り替えたいな」と常々思っていました。

今回のリフォームでは、水廻りで感じていた不安をすべて解決してもらいました。お風呂場の段差をなくし、最新のバスタブに交換。タイル張りの壁面や床面も、新しいものに替えていただきました。トイレも段差があったので、一度壊して、新しい便器を取り付けてもらいました。大好きなピンク色の壁紙を選んだりと、小さなこだわりを随所に込めました。

水廻りをリフォームしたら、お風呂場やトイレの雰囲気が一気に明るくなったんです。あっという間にお風呂が沸くし、便座も温かい。リフォーム前と比べて、快適さが断然違います。以前はヒヤヒヤしていたお風呂も、入るのが楽しみになりました。

どんな時にも頼りになる“住まいの力強い味方”

私たち夫婦にとってリフォームコジマは、住まいで困ったことがあればすぐに飛んできてくれる力強い味方です。面倒見が良く、どんな小さな不安でも、親身になって相談に乗ってくれる。ご近所さんにもオススメしてきたせいか、このあたりに住んでいる方の多くがリフォームコジマに修繕をお願いしているんですよ。あるご近所さんは現在、外壁を改修中。また、あるご近所さんは屋根を修繕。お風呂場をリフォームした方もいらっしゃいます。

もちろん私たちも、雨が入り込む場所に衝立を建ててもらったりと、何かとお世話になってきました。電気やガス器具の展示会に誘っていただき、ご近所さんと一緒に参加したことも。今日も、門扉の建て付けが悪くなってきたので、修理をお願いしたばかりです。大規模リフォームからちょっとした修繕まで、あらゆる要望にすぐさま応えてくれるのは、地域密着のリフォームコジマならではだと、つくづく実感しています。

リフォームのその後

舅や娘夫婦と暮らしていた時期もありますが、今は夫婦二人。4LDK・2階建ての我が家は、広すぎるような気がしていました。「マンションに引っ越そうか」——そう思ったことも何度もあります。けれど、ここが私たちの住まい。長く暮らしてきたからこそ、ご近所さんとの関係もできているし、娘も「私の実家なのだから、壊さないでほしい」と言ってくれています。何よりも、私たちはこの土地が好きなんです。夫婦で町の老人会に参加したりと、引退後の人生を心ゆくまで楽しんでいます。これからも、こまめに手入れをして、メンテナンスもしっかり行いながら、この家に暮らしていこうと決めました。

応接間の広く大きな窓は大のお気に入りですが、耐震性を考えると、リフォームした方が良いかもしれません。ほかにも、耐震面で心配なところがたくさんあります。近々、担当者の方に相談して、プロの目でしっかりと判断してもらう予定です。

お問合せ

たまがたリフォームのウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
リフォームに関するお問い合わせはメールまたはお電話にてお問い合わせください。

TEL. 0120-540-2469:00〜18:00(原則無休)

資料請求・お問合せはこちら
ページの先頭へ